サポート情報

工数管理

icon_wtime

工数管理

誰がどの案件に何時間費やしているのかを時間と費用で管理。

機能概要

誰がどの案件に何時間費やしたのかを管理するのが工数管理機能です。
「原価部門対象」と設定されているメンバーだけか工数を入力できるようになります。
労務費を算出するには、対象メンバーの「給与区分」と「給与金額」が設定されている必要があります。

使い方

工数を入力するメンバーを「原価部門対象」に設定する

画面上部メニュー「設定」→「メンバー設定」をクリックしてメンバー設定画面を表示させます。
メンバーの一覧から工数を入力するメンバーの「編集」アイコンをクリックしメンバー編集画面を表示させます。

メンバー編集画面の「原価/販管区分」を「原価部門対象」にして「更新する」ボタンをクリックします。
これで、このメンバーは工数を入力できるメンバーになります。

労務費を計算するためには「給与区分」と「給与金額」を設定します。

工数を入力する

工数を入力するための操作は勤怠の登録とほとんど同じです。
詳細は勤怠のマニュアルをご覧ください。

勤怠を登録する画面の下に工数を入力する項目が追加されます。

勤務時間(この例でいうと8時間)を何に使ったかを入力して「更新する」ボタンをクリックします。

※「要設定時間」が00:00にならないと更新ボタンを押してもエラーになります。

工数集計を見る

工数の集計は上部メニュー「ワーク」「管理指標」→「工数集計」よりグラフで閲覧することができます。
また、「ワーク」→「管理指標」→「総合指標レポート」よりエクセル形式で詳細な値をダウンロードすることもできます。